REPORT

HOME » REPORT » Light-Game » BlueCurrent » 新潟県 トラウト&ヒラセイゴ BlueCurrent85TZ Nano

新潟県 トラウト&ヒラセイゴ BlueCurrent85TZ Nano

新潟県にお住いのY様より、

BlueCurrent85TZ Nanoをご使用戴いての

釣果レポートが届きましたので、

ご紹介させて頂きます。

 


 

5月の連休に、県境近くのホタルイカの接岸するエリアにて、本命シーバスの回遊待ちの際、

足元の根魚で無聊を慰めようと、オールレンジにてマイクロプラグで遊ぼうとキャストしたところ、

掛かったのが45㎝程のヒラスズキ(ヒラセイゴ)でした。

新潟県でヒラスズキは、かなり珍しいです。

最初はスズキ特有のエラ洗いが無かったので、大きなメバルかクロダイかと思っていました。

それにしては力強く抵抗が長引いたのですが、最後にエラ洗いを見せてひょっとすると・・・

と思っていましたら、本命よりうれしい獲物でした。

 

次は、近所の河川でだいぶ雪代が落ちた感じがしたので、

あさイチの運試しをしたところ、イワナの45㎝がヒットしました。

 

海の魚たちに比べると、引きは弱いかも知れませんが、

ローリングしながらの抵抗を見せてひやひやしました。

最後は、同じく近所の河川で同じルアーにてヒットした、

50㎝程のニジマスです。

 

最初はそれほどでもない抵抗で寄ってきたのですが、

途中で自分に気づいたのか何度かリールからラインを引き出して

なかなかの引き味を見せてくれました。

オールレンジは、マイクロメタルジグでイナダやアジを掛けたり、

フロートリグを使ったアジングをしたりと、大変重宝させてもらっています。

今回の獲物たちも、引きの強さが異なっていたり、使っていたフックの強度から

全く無理ができなかったりしましたけど、バラスことなくキャッチできました。ありがたいです。

また、ライトラインを使っているせいか、川の流れの中のルアーの動きがよく手元に伝わり、

怪しいポイントの判別にも役立っています。

6月も半ばで、最後のホタルイカ接岸が今週末になると思われます。

また、キジハタの接岸情報がちらほら聞こえてきました。

河川では水温の上昇でイワナの活性は落ちてきますが、本流の尺ヤマメもボチボチ出てくる時期です。

なかなか忙しいですが、貴社製品を楽しく使わせていただいています。

次は、バリスティック・ヒラ107MH TZ ナノでのランカースズキの報告ができれば良いですが、はてさて・・・

タックルデータ
ロッド     : ブルーカレント85/TZ NANO オールレンジ
リール   : 18ステラC3000MGH
ライン    : よつあみG-soul x8 0.6号
リーダー: フロロカーボン 2号
ルアー   : ブリーデン ミニマル65 (ヒラスズキ)
Megabass GREAT HUNTING 45 Flat Side FS (イワナ・ニジマス)
 


 

Y 様、BLC85TZでの釣果ご報告、大変すばらしい魚、有難い限りでございます。
85TZをご使用いただき、トラウトをターゲットとしていただける内容は、
まさに「何でもロッド」!として相応しいレポートでございました。

ヒラセイゴも新潟県内では大変珍しいとの事ですので、

様々なターゲットを1本で仕留めるにあたってはこの上ない

釣果でございます。

Y様の想像力次第で、更なる拡がりを見せる可能性を秘めた

このBlueCurrent85TZ Nano。

年間通して、活躍させて戴ければ私共スタッフ一同も

大変嬉しい限りでございます。

ホタルイカ接岸も、大詰めを迎えるとの事ですが、

是非ともまたシーバスの釣果がでましたら

レポート戴ければ幸いでございます。

スタッフ一同楽しみにお待ち致しております。