REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » SeaWalk Sabeling » 愛媛 宇和島サーベリング SeaWalk Sabeling63M

愛媛 宇和島サーベリング SeaWalk Sabeling63M

愛媛県にお住まいの太田様よりサーベリングのご報告をいただきました。

 

 

以下、太田様のコメントです。

今年もやってきましたドラゴンサーベリングの季節。

今年は水温の下りが遅くケンサキもまだ残ってる中、

我慢できずに小潮を狙って出船しました。

 

 

宇和島のサーベリングは水深120mから160mのディープゾーンを狙います。

使用するジグも200gから250gと少し重めです。

回収となるとちょっとしんどいので電動リールで狙う人も多く私もその一人。

 

 

ロッドは愛用のSeaWalk Sabering SWS-63M。

深いし、ジグ重いし、ドラゴンを浮かせたいのでもうこれ1択です。

 

 

どの層を狙うかは船長の判断にもよりますが大体はボトムから

20mぐらいから浮いても水深100m程度。

この日、電動リールは私だけだったので、ボトムから反応ライン+20mまで

広めに太刀魚を探していきます。

 

 

大きく煽ってフォールで食わせるってのもアリアリなのですが、

この日は細かいジャークからのストップ!に反応が良かってです。

 

 

ちゅうわけで最初の1本。F5サイズ。

このぐらいのサイズになると引きも強くSWS-63Mをキュンと

締め込んできますがまだまだ余裕です。

途中小さめのをまじえつつ。。。

img_2

 

ドラゴンらしきサイズもゲット。

バットまで入っていきますがリフト力は残ってて竿を立ててのやりとりが気持ち良かったです。

img_4

 

img_3

 

そしてその2日後、船頭さんのお誘いで水中灯を使ってのナイトサーベリング調査釣行。

少し浅い水深60mラインでアンカリングしての釣り。

img_5

 

この日はどーにもベイトの着きが悪く、イメージしてた太刀魚を浮かせての

釣りは出来ませんでした。

まぁ、水温が落ちてないのもあるんだろうけども…。

 

 

グローのジグをボトムまで落としてしゃくり上げてくるとドスンとバイト!

太刀魚用に緩めのドラグでは全然巻けず、

キュンキュンに締めてのファイトで上がってきたのは5キロほどのハマチ。

img_6

 

以前にも報告しましたがSWS-63M。青物も全然イケます。

太刀魚用ということで跳ねすぎない設定のSeaWalk Sabering。

寝魚の胴つきなんかにも使えますし電動リールのパワーにもついてこれるしで

守備範囲はすごく広いロッドです。



ロッド:SeaWalk Sabering SWS-63M

リール:シマノ Forcemaster800

ライン:PE2号

リーダー:フロロ8号

エリア:愛媛県宇和島市沖

遊漁船:西村遊漁

 

 

 

 

太田様、ご報告誠にありがとうございます。

素晴らしいサイズの太刀魚ですね。これだけのサイズですと相当引くのでしょうね。

愛媛のアジに太刀魚といつも素晴らしい釣りをされており、羨ましい限りです。

またのご報告お待ちしております。