REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » Galahad » 愛媛県 ハガツオジギング Galahad633B電動&624B電動

愛媛県 ハガツオジギング Galahad633B電動&624B電動

愛媛県在住の太田様より、Galahad電動2機種による、

ハガツオジギングの模様をレポート頂戴致しましたので、

ご紹介させて頂きます。


足摺沖ハガツオジギング Galahad 633B電 / 624B電

最近絶好調のハガツオジギングに行ってきました。

あまり市場には出回りませんがモチモチと美味しい魚です。

ここ最近は船のクーラー満杯で早上がりなんて日もあるとか!

この日は昨日の凪は何処へやらで結構な風。結構な時化模様。

ぽつぽつと雨も降りつづき… 

うねりと雨でまぁ楽な釣りではなかったですが、

魚がいてくれりゃそんな事は些細な事なのです。

使用ジグは200〜250gのロングジグ。

水深100m-60mの層をテンポ良くしゃくりあげます。

ハイピッチなら電動のモン!

電動ジギングを始めた頃は「それは違う」と眉をひそめられたモンですが

ハガツオにおいては電動がもう一般的になりつつあります。

指示棚まで落としたらいきなりトップスピードでジャーク。

竿先海面突っ込んでのショートピッチがいい時もあるし、

巻き重り少なく良く飛ぶジグでは大きなアクションで間を作ってもいいし…

手で巻かないのでどんな風に振ってもそれなりに見えるのですがね(笑

コツは落とす時サミングをして余計なスラッグをなるべく出さない事。

せっかくフォールで追っかけてきてくれてるかもしれないのに

スラッグ多いとジグの動きだしがボケてしまいます。

電動だとここの操作が手動に比べて格段にメリハリ付けられるように思います。

633B電 / 624B電 は魚のアベレージで使い分けてます。

5kgを超えるなら624電、超えないなら633電。

1日ブンブンに振っても楽チンだし、ファイトもスリリングに楽しめるので

どうしても633電の登板回数が多くなります。

でもサメの猛攻を受けた時は別!
624電+2000番リールでゴリ巻きですw
手動組が次々とサメの餌食になっていく中、
電動の私は一度もサメにはやられませんでした。
ただ魚が元気なまま上がってくるので取り込みは要注意です。
横に走ろうとするハガツオをバットを活かしてムリヤリ引き寄せ、
リーダー持って一気に船上へぶち抜き。

ハガツオジギングではセルフランディングが普通だったりします。^^

天候変化で潮動かず前半ちょっと厳しい戦いでした。
群が小さいのか1人掛けると同船者にもバタバタっと釣れて沈黙。
雨もやや強くなり、むー。厳しいなぁ〜。
と皆が思い始めた頃ようやくのラッシュタイム。
いきなりの釣果写真でゴメンなさいです。
船中、〆るより釣れ!な雰囲気だったので…



この日はやや渋く船中60本程度の内、10本。
アベレージ2-3キロ程ですが5キロ越えも混じります。
私の今日イチは無念の抜き上げリーダー切れでぽっちゃん…

ハイシーズンの内にGalahad電と共にまた行きたいなぁ。

ロッド:Galahad 633B電
リール:シマノ 15Forcemaster800
ライン:PE2号 / フロロ12号
ジグ:ロング200g

ロッド:Galahad 624B電
リール:シマノ 16Forcemaster2000
ライン:PE3号 / フロロ14号
ジグ:ロング250g

エリア:足摺沖

Galahad電動2機種を駆使して

素晴らしい釣果のご報告頂き、

心より御礼申し上げます。

633電動と624B電動活躍を伺い、

私共スタッフ一同も大変嬉しい限りでございます。

ハガツオという美味しいターゲットを狙う為、

電動ジギングのアドバンテージを存分に活かしながら、

太田様の経験値とテクニックが加わった結果の素晴らしい釣果!

また次回のレポートをスタッフ一同心よりお待ち致しております。