REPORT

HOME » REPORT » SeaBass & etc » Ballistick » 富山県リバーシーバス / Ballistick 96/18EVO

富山県リバーシーバス / Ballistick 96/18EVO

富山県にお住まいの新田様より、シーバスの釣果報告です。

 

 

以下、新田様のコメントになります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

富山県も寒波と共にリバーシーバスもほぼほぼ終了したかと思われます。

今年も終盤に差し掛かったころ、素敵なシーバスに出会えました。

当日はデイでエントリー。

落ち鮎よりもシャロー帯での若鮎の方が目立っていたので、ジグザグベイト80Sをスローに

巻きながらリフト&フォールで誘って幸先の良い1匹をキャッチ。

 

その後、ベイトっ気も無くなり、表層から中層までをフリルドスイマー115F、サーフェスウイング147F、

ロウディー130Fなど流してみますが全く反応がありませんでした。

 

 

残る一手はボトム。かっ飛び棒130BRを流心へフルキャスト。

96/18の粘るブランクスは多少のオーバーウエイトのルアーのフルキャストも全く問題ありません。

スラッグをとり、流れの速いところから弱いところに抜けるところだけを集中して流しました。

2投目。引っ手繰るバイトと共に久し振りに味わう止められないファーストラン。

10メートルくらい走られたかな?しかしながらさすがバリスティックEVO。

 

最高の追従性とバットパワーを活かして難なくキャッチしたのは、ゴンブト腹パンシーバス‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何匹か鮎を吐き出すもまだ口の中に残っており、腹には5匹くらい入っていました。

その後サーフェスウイング147Fで追加し、その日は納竿としました。

 

 

 

 

 

 

別日ナイトゲーム。

誰も居ない静まり返ったリバー。

こういうシュチュエーションは大好きです。

下げのタイミングでエントリーし、一瞬流れるタイミングを狙いました。

フリルドスイマー115Fを流れの強弱を感じながらドリフトさせていると、

モゾッと落ち鮎パターン特有のバイト。

 

 

スイープにあわせ難なくキャッチ。

 

 

 

フリルドスイマー115Fを丸呑みしたランカーシーバスは今季最後のリバーシーバスとなりました。

今年もバリスティックEVO96/18で沢山素敵な魚との出会いがあったと思います。

高感度なティップ、素晴らしい追従性と信頼のおけるバットパワーがあってこその釣果だと思っております。

こらからも駆使して楽しみたいと思います。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

新田様、毎度のご報告誠にありがとうございます。

今季の締めに相応しいシーバスが獲れ、満足のシーズンになったことと思います。

いつもながらルアーローテーションによる攻略は勉強になります。

ロッドの性能を活かしていただくのも新田様の技術だからこそだと思います。

また来季も期待させて頂きます。