REPORT

HOME » REPORT » Light-Game » BlueCurrent » 富山県 メバル・シーバス BlueCurrent82F Nano

富山県 メバル・シーバス BlueCurrent82F Nano

富山県在住の新田様よりBlueCurrent82F Nanoの
釣果ご報告頂きましたので、ご紹介させていただきます。

Bluecurrent82FNANOでの釣果報告です。
日中の気温もだんだんと上がり、春を感じられるようになりました。
富山県の春の風物詩と言えばもちろんホタルイカ。
ホタルイカの接岸と共にホタルイカパターンが開幕します。
ホタルイカパターンで使うべく購入したのがBluecurrent82FNANO。
バリスティックEVO92/12がメインロッドになっていますが、
どうしても取り切れないショートバイトがあり、
時にホタルイカからマイクロベイトに切り替わる傾向があるようで、
そうなると小さいプラグを扱えず攻略できませんでした。
先日の釣行が、まさにそのパターンだったのですが、
ホタルイカパターンでメインに使っているルアーには全く見向きもせず、
4センチくらいのミノーに好反応でした。
特にメバルがよく釣れ、50後半のシーバスも数本混じりました。
写真はありませんがもちろんウグイも釣れてます。
パターンがハマり、終わってみれば二桁釣果。
このためのBluecurrent82FNANOだったので、思惑通りで大満足でした。
ただ泣尺だったので、リベンジに行かなければ…。
Bluecurrent82FNANOは表記のMAXウエイトが18gですが、
投げ方さえ気をつければ少しオーバーしたウエイトのルアーならしっかり投げれました。
キャスト後はティップがしっかり止まってくれるため、キャスティングにブレがないように感じます。
もちろんバイトも明確に捉え、掛けにいけるティップは確実にフッキングしてくれました。
また、ファイト中にフックが折れた以外のバレはなく、追従性とNANOブランクスならではの
バットパワーも確かめることができました。
ちなみに今回のエリアは水深は40㎝前後のところのため、ヒヤヒヤものでした。
これから更に本格的になるホタルイカパターン。
Bluecurrent82FNANOの釣果が楽しみです。

新田様、いつもありがとうございます。
BlueCurrent82F Nanoの釣果レポート第1号となります!
繊細なティップセクションで極小の当たりを拾い、
また、ベイトが小さい時には軽量プラグのキャスト・操作も
意のままにできてしまう汎用性を備えつつ、それとは裏腹な
Nanoalloyの特性の良く出たバット部には、強靭なパワーを
載せており、相反するその二つの特徴が見事に融合し形になった
このBlueCurrent82F Nanoのポテンシャルを十分に発揮して下さいました!
更なるサイズアップ、そしてターゲットを狙って戴き、
BlueCurrent82F Nano で新田様の釣りが更に楽しく、
そして更に幅が拡がれば、スタッフ一同大変嬉しく存じます!
また次回の釣果ご報告をスタッフ一同楽しみにしております。
ありがとうございました!!