REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » Galahad » 外房 ヒラマサ ワラサジギング Galahad62/4・61/6

外房 ヒラマサ ワラサジギング Galahad62/4・61/6

フィールドスタッフの黒木氏より釣果報告

5月17日 小潮
先日勝浦の川津港、宏昌丸さんに午前午後の通しでお邪魔してきました。
出船すぐに鳥が多く魚っ気ムンムンのこの日、ハネも見られ期待しながら沖に向かいます。
最初のポイントは75メーター、ジギングですぐにヒット、しかしワラサでした。
それからしばらく反応なく、30〜50mのラインに移動し潮が流れていたため
ギャラハド624に180gのジクに変え、底付近を丁寧にワンピッチで探るとすぐにヒットし、
2〜3キロほどのヒラマサキャッチできました。
それからすぐに同じパターンでもう一本追加と、
ワサラ二本、ワラサとヒラマサが入り混じる状況でした。
レンジによって魚が変わるかと思っていたら上から下まで
ワラサ・ヒラマサが混じる状況で釣り分けが難しい1日でした。
それからまた70〜80mラインに移動、ギャラハド616に変えてジグも200gにし、
またすぐにヒット、この日はヒラマサ3本、ワラサ4本で終了となりました。
水深や潮の流れを考え、ロッドとジクを変えるだけでかなりジグの操作がしやすくなり
釣果につながるのでこの二本があればいろんな釣りに対応できるとおもいます。