REPORT

HOME » REPORT » Lupus » 北海道 ニジマス Lupus61

北海道 ニジマス Lupus61

北海道在住の齋藤様より、Lupus61での釣果ご報告を頂きましたので、

ご紹介させて頂きます。


 

使えば使うほど馴染みも出てくるので今ではメインロッドになっています。

気に入っているところはキャスティングのしやすさです。

軽いミノーから重いスプーンへ、逆パターンでチェンジしても

さほど違和感なく思い通りに投げれます。

基本の61ですが、川幅の狭いところでは51が欲しくなります!

なので源流域よりは最近は61に合うところばかり行ってます。

 

 

落ち込みから出て来た54cmのニジマス。

柔軟ながらも土台がどっしり構えているロッドは大物が来た時に安心です。無理なく寄せて

来ました。

 

25cmくらいのオショロコマ。魚体が綺麗です。

鮮やかなオレンジ色ですがうまく撮れずこれが自分の限界です…

 

ヤマセミにも会えました。北海道は自然が豊かで気持ちいです。

 

49cmのニジマス。いいファイトでした!

また報告いたします。

 

タックルデータ

ロッド:Lupus61

リール:Daiwa CERTATE2506H

ライン:Rapara RAPINOVA 13.9LB

リーダー:VARIVAS BIG TROUT 14LB

ルアー:ITO.CRAFT 蝦夷、BOWIE 、BUXスプーン11g

 


 

この度は釣果のご報告頂き、誠にありがとうございます。

Lupus61を手に、このような美しい渓相の中、

美しい魚との出会いをご報告いただき、私共スタッフ一同も

大変嬉しい限りでございます。

キャストフィールの快適さと、掛けてからの心地良いベンドカーブ、

そして違和感を与えずにしっかりと寄せてくる、しなやかさの中に潜む

腰のある復元力を備えたブランクは、Lupusシリーズの大きな魅力だと思います。

今後とも末永くこのLupus61をご愛用頂ければ、私共スタッフ一同も大変嬉しく存じます。

この度は誠にありがとうございました。

また次回の釣果ご報告を、スタッフ一同心よりお待ちいたしております。